プロフィール


 

原田 敦史 Atsushi Harada

人生の転機でもある留学を最高の形で実現できるように、そして素晴らしい留学経験を経験として終えるだけでなく、今後のキャリアへ結びつく留学のお手伝いをさせていただいています。

【一言】

私は夢がありませんでした。
というよりも、私は夢の種類を知りませんでした。
 
以前の私は、プロ野球選手になるなど、何か大きなことを成し遂げることが夢だと考えていました。

その為、自分も何か夢を決めないと!と思って無理矢理考えても、そのような大きな夢を現実的に思い描く事ができず、
自分の好きなことや何となく周りよりも得意そうなことから、自分の夢はこれかな?と ”とりあえずの夢” を決めて自分を納得させていました。
  
でも、プロ野球選手になる!というような大きな夢を掲げて追いかけている周りの皆に比べると、
自分の夢がとてもちっぽけに見え、「本当にこれでいいのかな?」と自分の夢や将来に疑問を持つようになっていたのです。

そんな葛藤を自分の中に抱えたまま、私は留学に出発したことを今でも覚えています。
  
それでも留学先では、新しいこと、ワクワクすること、そんな環境に自ら積極的に飛び込んでいくよう意識しました。
そんな留学生活の中で、私は今までモヤモヤしていた夢に関する、自分の人生を大きく変える大切な価値観に出逢うことができたのです。
  
大きな夢を掲げて、ひたすらにそれに突き進む人。
そして、大きな夢ではないけれど、目の前の小さな夢をコツコツと達成し積み重ねてゆく人。
  
今までの私は、この前者のような他のすべてを犠牲にしてでも成し遂げたいことだけが夢だと思っていました。

でも留学先で沢山の人々や価値観に出会い、自分のやりたいことを1つに絞ることなんてできないし、しなくても良いのだということに気付きました。
決して最初から一つの大きな夢でなかったとしても、小さな夢を沢山積み重ねて、それがいずれ大きな夢に成れば良いのだと思えるようになったのです。
  
私はこれからの人生をかけて、少しずつ自分の夢を重ねて作り上げていけたら理想です。
夢は最速ではなく、最高の状態で叶えることが大切だと思っています。
  
私は留学を通して、人生における大切な価値観に出会うことができました。
皆さんにも、一度日本を飛び出して、人生における大切な価値観を見つける機会をお手伝いできれば嬉しく思います。

【留学経験】

私はワーキングホリデーでオーストラリアのメルボルンへ留学に行きました。
留学中には語学だけでなく、現地飲食店の新店舗の立ち上げ、そして運営まで関わる仕事など、かけがえのない経験ができました。
日本とは全く違う環境で新しいことをする楽しさやワクワクは今でも忘れません。一緒に働いてみないとわからない価値観や仕事に対する考え方、文化の違いなど多くのことを学びました。

▼留学先

オーストラリア

▼旅先

アメリカ、カナダ、フランス、スペイン、ドイツ、スイス、シンガポール、フィリピン、台湾、韓国、中国








日本一紹介の多い留学会社を目指すスマイリーフラワーズは 092-791-4360 まで