ラ・トローブ大学付属英語学校

都市名 : メルボルン

学校の住所 : Kingsbury DriveBundoora, MelbourneVIC 3086

交通手段 : メルボルン空港からバスで約40分。ハイデルバーグ駅から約10分。最寄りのバス停から徒歩5分。

創立年 : 1974年 | CRICOS CODE : 00070G

認定団体/加盟団体 : /E.A/NEAS/UECA/

英語力の伸び3.8
立地環境3.4
授業内容4
クラスの雰囲気3.4
留学生の国籍割合3.6
アクティビティ2.8
 

ラ・トローブ大学付属英語学校について

国立ラ・トローブ大学付属の英語学校で、正式な名称は、ラ・トローブ大学ランゲージセンター。同大学は8つのキャンパスをもっているが、英語学校があるのはメインキャンパスであるメルボルン・キャンパス(バンドゥーラ・キャンパスとも呼ばれる)と、ベンディゴ・キャンパスの二つ。メルボルン・キャンパスは、市内からバスで30~40分程の距離にある、緑の中に囲まれた学園都市で、敷地は200ヘクタールにも及ぶ。国際化に特に力を入れている大学で、世界中から学生を受け入れるだけではなく、40ヶ国以上250程の教育機関と提携、相互に交流を図っている。また、国内でも多くの教育機関と提携し、TAFEや専門学校からの編入も多く受け入れている。充実した設備やスチューデント・サポートにも定評がある。

ラ・トローブ大学付属英語学校の授業内容

日常会話に重点を置いた一般英語コースのほか、進学英語、ビジネス英語、試験対策、英語&インターンなどのコースを用意しているので、日常レベルからアカデミック・レベルまで、幅広いニーズに対応できる点が特徴。一般英語コースの授業は、大学付属校であっても、それほどレベルの心配の必要なく受講することができる。また、中級者以上のクラスであれば、午後の選択授業として、TOEIC、IELTS、Cambridgeの試験対策の授業を選ぶこともできる。なお、図書館で行われるカンバセーション・クラスへの参加は、クラス外の生徒と知り合うきっかけとして人気。

ラ・トローブ大学付属英語学校のサポート

/カウンセリング(学業)/カウンセリング(生活)/シェアハウス手配/ホテル・ホステル手配/ホームステイ手配/医療サービス/空港送迎サービス/

ラ・トローブ大学付属英語学校のアクティビティ

/スポーツ/

ラ・トローブ大学付属英語学校の提携校

ラ・トローブ大学付属英語学校の学校施設

/オーディオ機器/カフェ/コンピュータールーム/スイミングプール/スカッシュ・コート/スポーツジム/テニス・コート/バスケットボール・コート/ピアノ/ランゲージ・ラボ/レストラン/医院/卓球台/図書室/売店/自習室/運動場/郵便局/銀行/ 映画館、劇場、美術館あり

ラ・トローブ大学付属英語学校の滞在施設

/ホームステイ/学生寮(キャンパス内)/ 学生寮は人気が非常に高いので早めの申込みが必要