ビクトリア大学付属英語学校

都市名 : メルボルン

学校の住所 : Level 5 301 Flinders Lane, Melbourne VIC 3000

交通手段 : メルボルン国際空港からバスで約30分。

創立年 : 1992年 | CRICOS CODE : 00124K

認定団体/加盟団体 : /E.A/NEAS/UECA/

英語力の伸び4.5
立地環境4.5
授業内容4
クラスの雰囲気4.5
留学生の国籍割合4
アクティビティ3
 

ビクトリア大学付属英語学校について

ビクトリア大学の付属英語コースで、現在200名程が就学されています。
同英語学校を卒業すると、英語試験の成績の提示なしでビクトリア大学に進学できるダイレクトエントリーコースを用意しているほか、他高等教育機関での修学歴や就労歴を同大学の単位にトランスファーできることなど、フレキシブルなシステムを用意しています。

多くの学生は進学を予定している方が就学されていますが、その他にもしっかりとした環境で勉強をしたいワーキングホリデーや観光ビザの方にも人気のある学校です。


ここが違う! サポート体制の充実

ビクトリア大学附属英語学校は常に「生徒第一」に考えています。生徒さんと講師・スタッフの距離が近いのが当校の特徴のひとつで、授業の合間などには多くの生徒が積極的に先生に質問する姿が見られます。

無料のサポートクラスを設けて、学生がそれぞれの目標に向かって学習しやすいよう、勉強法や就学プランの案内まで 生徒一人ひとりに合ったサポートや的確なアドバイスをしてくれます。

また日本語を話せるスタッフ(ミドリさん)も常勤している為、生活や進学など日本語で気軽に相談が出来ます。


授業以外にも参加が自由!豊富なスキルズクラス

毎日ランチ休憩、授業後に参加が自由なエクストラクラス(Skills Class)が開講されています。現在、「会話&発音クラス」「文法、エッセー作成強化クラス」などの授業が曜日ごとに開かれており、多くの留学生が積極的に参加しています。ご自身でお好きなクラスを選択出来るので、苦手克服や得意なポイントの強化にぴったりです。スキルズラクラスのサンプルは以下の通りです。


その他にも観光や遊び中心の「アクティビティー」が5週間中2回必ず開催され、クッキングクラス、卓球トーナメント、ボルダリング、スポーツ観戦、バーベキューなどが行われています。アクティビティーの詳細は学校フェィスブックより確認が出来ます。


ビクトリア大学附属英語学校の場所

ビクトリア大学附属英語クラスは、メルボルンの主要駅の一つフリンダース・ストリート駅の目の前に位置しており、通学にも便利な場所にあります。

また学校の前には路面電車も走っているので、市内や郊外へのアクセスも抜群です。学校の近くにはたくさんのショッピングモール、レストランやカフェもありますので、放課後も楽しく過ごすことが出来ます。

ビクトリア大学附属英語学校の授業内容

一般英語コースは初初級から上級まで6つのレベルに分かれており、授業は午前9時00分〜11時00分まで、途中で1時間のランチ休憩を1回はさみます。午後クラスは正午12時00分〜14時00分まで、クラス分けは人数や英語レベルによって変わり初日の「英語レベルチェックテスト」の結果から自身に合ったレベルのクラスの案内があります。

ビクトリア大学付属英語学校の授業内容

ELICOS(English Language Intensive Courses for Overseas Students)は、「①一般英語/3レベル ⇒ ②進学英語/3レベル ⇒ ③大学進学(ダイレクトエントリー)準備/2レベル」という、合計8レベルの階層に分かれており、その他にIELTS試験準備コースが用意されている。コース終了日はTAFEなど高等教育機関の入学日に間に合うように設定されているので、語学学校終了後に進学日まで長く待たなければいけないことがないようになっている。授業は、有資格で経験豊富な教師陣によって進められる。 

ビクトリア大学付属英語学校のサポート

/カウンセリング(学業)/カウンセリング(生活)/シェアハウス手配/ホテル・ホステル手配/ホームステイ手配/医療サービス/生活オリエンテーション/空港送迎サービス/野外活動アレンジ/

ビクトリア大学付属英語学校のアクティビティ

ビクトリア大学付属英語学校の提携校

  • ビクトリア大学

ビクトリア大学付属英語学校の学校施設

/コンピュータールーム/ラウンジ/ランゲージ・ラボ/図書室/自習室/

ビクトリア大学付属英語学校の滞在施設

/アパート/ホステル/ホームステイ/学生寮(キャンパス外)/ スチュ-デント・ビレッジ(メルボルン市内から9㎞程)