レクシス・イングリッシュ・バイロンベイ

都市名 : バイロンベイ

学校の住所 : 16-20 Ruskin Street, Byron Bay NSW

交通手段 : ゴールドコースト空港から車で1時間強。学生の多くは自転車や徒歩で移動します。

創立年 : 2008年 | CRICOS CODE : 03019J

認定団体/加盟団体 : /CLICOS/E.A/NEAS/

英語力の伸び4
立地環境5
授業内容4.5
クラスの雰囲気4.5
留学生の国籍割合3.5
アクティビティ4.5
 
入学手続きに関するお知らせ

このページは2021年料金に変更されています。

レクシス・イングリッシュ・バイロンベイについて

2022年1月7日 Update

オーストラリア最東端に位置し”パワースポット”としても有名なバイロンベイ。レクシス・イングリッシュのバイロンベイ校は、その市内にキャンパスを構えています。

元々小学校だった建物を改装して作られたキャンパスは大きな校庭もあり、年間を通してサッカーなどのスポーツやピクニックなどを楽しむことができます。


カリキュラムは他のレクシス校同様、丁寧な指導とカウンセリングが魅力。
入学時にテストを受け、「字幕なしで映画を理解できるようになる」「アルバイトをするのに困らない英語力を身につける」など、具体的な目的・ゴールを学校と共有。そして4週間毎に教師と行う1対1のカウンセリングで英語力の伸び具合や弱点の共有などを行いながら、目標値まで英語力が伸びるようなサポートがあります。まさに先生と二人三脚で英語力を伸ばしていくことができます。


レクシス・イングリッシュの中でも一番小規模で、他のクラスの学生や先生・学校スタッフもみんな顔見知りのため、自然と英語でのコミュニケーションの回数も増える環境となっています。


アクティビティも参加率が高く学校内で面白いイベントも定期的に行われるため、小さい学校ですが飽きることなく、リラックスして楽しみながら学ぶことができます。



レクシス・バイロンベイの時間割サンプル

        
時間
09:00~10:30
(80分)
一般英語の総合学習 一般英語の総合学習 一般英語の総合学習 一般英語の総合学習 一般英語の総合学習
10:30~10:45
(15分)
休憩
10:45~12:15
(30分)
一般英語の総合学習一般英語の総合学習 一般英語の総合学習 一般英語の総合学習 >一般英語の総合学習
12:15~13:00
(45分)
休憩
13:00~14:00
(60分)
選択授業 選択授業 選択授業 選択授業/td>
   
選択授業
14:00~15:00
(60分)
自習型授業・GIL 自習型授業・GIL 自習型授業・GIL 自習型授業・GIL

レクシス・バイロンベイのアクティビティ表サンプル


レクシス・イングリッシュ紹介動画



レクシス・イングリッシュ・バイロンベイ校の費用例

下記に、現在行われているキャンペーン料金を元に費用例を掲載させていただきましたので、是非参考にしてください。多くの留学生はまず4週間ほどホームステイにて滞在し、その後シェアハウス等に移動されるため、宿泊については4週間のホームステイとして費用を算出しています。


※ご参考の日本円は、1豪ドル85円にて換算しておりますが、実際の為替レートはお客様が費用お支払い時にご利用頂く金融機関の為替レートが適用されます。
※2022年3月までのキャンペーン料金を適用しています。


ワーキングホリデービザで17週間の就学+4週間のホームステイ

入学金200ドル
授業料週350ドルX16週間=5,600ドル
教材費215ドル
宿泊手配費165ドル
宿泊費週330ドルX4週間=1,320ドル
空港出迎え費260ドル
合計7,760ドル(日本円で66万円程)


学生ビザで24週間の就学+4週間のホームステイ

入学金200ドル
授業料週320ドルX22週間=7,040ドル
教材費275ドル
宿泊手配費165ドル
宿泊費週330ドルX4週間=1,320ドル
空港出迎え費260ドル
OSHC約378ドル
合計9,638ドル(日本円で82万円程)


学生ビザで40週間の就学+4週間のホームステイ

入学金200ドル
授業料週300ドルX37週間=11,100ドル
教材費325ドル
宿泊手配費165ドル
宿泊費週330ドルX4週間=1,320ドル
空港出迎え費260ドル
OSHC約648ドル
合計14,018ドル(日本円で120万円程)


学生ビザで48週間の就学+4週間のホームステイ

入学金200ドル
授業料週300ドルX44週間=13,200ドル
教材費325ドル
宿泊手配費165ドル
宿泊費週330ドルX4週間=1,320ドル
空港出迎え費260ドル
OSHC約756ドル
合計16,226ドル(日本円で138万円程)



レクシス・イングリッシュ・バイロンベイ校学校写真集


レクシス・イングリッシュ・バイロンベイ校の学校写真はこちらからご覧ください。

レクシス・イングリッシュ・バイロンベイの授業内容

レクシスは語学学校の他に”英語教員育成のための学校”も運営をしており、レクシスの講師陣は英語教員のトレーナとして活躍する方も多く、またすでにレクシスで教えている教員へのトレーニングも徹底的に行なわれているため、講師陣の質の高さは非常に定評があります。


そんなレベルの高い講師陣から学ぶ一般英語コースは、"旅行""アルバイト""他国籍の友達作り"などの場面で実用的に使える英語力を身につけることが目的とされています。

午前中は教科書を使って英語の基礎力をつけ、午後にはオプションクラスとして興味のある授業を選択することができます。レベルによって選択できる授業は異なりますが、英語力が低めの学生は"クッキング""ミュージック”などアクティビティを通して英語を学べるようなものが用意され、英語力が上がるにつれ"時事問題""ディベート"などより難しい選択授業が選べるようになります。


午後の選択授業が終わった後には、1時間の自習時間・Guilded Individual Learning(GIL)があります。先生が監修する中での自習なので、「リスニング力をつけたい」「エッセイの練習がしたい」などの希望を聞いて、教材のセレクトから効果的な勉強の仕方までアドバイスをもらうことができます。

その他、放課後に「発音ワークショップ」「会話ワークショップ」など勉強に関するワークショップが豊富なのも特徴です。



<一般英語時間割サンプル>
          
時間
09:00~10:30
(90分)
レッスン1(一般英語) レッスン1(一般英語) レッスン1(一般英語) レッスン1(一般英語) レッスン1(一般英語)
10:30~10:45
(15分)
休憩(モーニングティータイム)
10:45~12:15
(90分)
レッスン2(一般英語)レッスン2(一般英語) レッスン2(一般英語) レッスン2(一般英語) レッスン2(一般英語)
12:15~1:00
(45分)
休憩(ランチタイム)
1:00~2:00
(60分)
選択授業
2:00〜3:00
(60分)
GIL(自習)、ワークショップ、アクティビティ

<アクティビティカレンダー>

レクシス・イングリッシュ・バイロンベイのサポート

/カウンセリング(学業)/カウンセリング(生活)/ホームステイ手配/個人レッスン/日本語サポート/空港送迎サービス/野外活動アレンジ/

レクシス・イングリッシュ・バイロンベイのアクティビティ

/アート/ウィンド・サーフィン/カヤック/キャンプ/クッキング/スポーツ/ダンス/バーベキュー/パーティ/ビリヤード/会話クラブ/卓球/市内観光/水泳/美術館・博物館/遠足/音楽/

レクシス・イングリッシュ・バイロンベイの提携校

  • エス・エー・イー・インスティチュート

レクシス・イングリッシュ・バイロンベイの学校施設

/キッチン/コンピュータールーム/ビリヤード台/休憩室/卓球台/掲示板/運動場/

レクシス・イングリッシュ・バイロンベイの滞在施設

/ホームステイ/学生寮(キャンパス内)/